【理美容室経営】お店のポジショニングを確立しよう!

ポジショニングとは?

あなたのお店はどんなポジショニングですか?

ポジショニングを考えることは、どこにも負けない「お店の提供価値」を定義することです。
「高単価で最上級のおもてなしをする店」などがポジショニングの例になります。
自店が最も価値を提供できるポジションを考えましょう。

 

ポジショニングマップを作ってみよう!

図で考えると簡単です。
まず、縦軸と横軸の4マスの図を書きます。

たとえば、下のように軸の項目を決めます。
縦軸が「価格(上が高い、下が低い)」
横軸を「おもてなしのレベル(右が高い、左が低い)」とします。

この場合、4マスの右上にあるゾーンは「価格は高いけどおもてなしのレベルはどこにも負けない」というポジショニングになります。

逆に左下のマスは、「おもてなしはしないけど、毎月でも気軽に来店してもらえる低価格のお店」といったポジショニングです。

この軸を何にするかはたくさんの選択肢があります。自店がどこにも負けない「2軸を」探し出してそれに応じた店づくりをしていくと、あなたのお店の魅力がお客さまからもわかりやすくなります。ターゲットに提供する価値を色々と書き出してみましょう。

自店以外の業態についてもポジショニングを確認してみよう!

1,000円カットのお店なら、縦軸が価格(安い/普通)で、横軸はスピード(短い/長い)かもしれません。カラー専門店なら、縦軸がカラーのカウンセリング(多い/少ない)、横軸がカラーの種類(多い/少ない)かもしれません。

 

自店舗がどこにも負けないという、ポジションを確立してそこに集中するためにも、一度考えてみることをおすすめします。

関連記事

  1. 【理美容室経営】競争が激しい市場ではムダなことをやりまくろう!

  2. キッズカーチェア

    キッズ用カット椅子「キッズカーチェア」

  3. 【理美容室経営】理美容業界の市場規模を見てみよう!

  4. たった0.5%の成功店になるために必要なこと

  5. 【理美容室経営】5F分析で業界のパワーバランスを分析してみよう!

  6. 【理美容室経営】ターゲットとセグメンテーションを決めよう

  7. 意外と考える機会の少ない「理美容室の経営資源」

PAGE TOP